1. ホーム
  2. 引越す時の手続き
  3. ≫国民健康保険の住所変更・資格喪失届・再加入

国民健康保険の住所変更・資格喪失届・再加入

国民健康保険は、勤務先で社会保険に加入しておらず、生活保護も受けていない人が加入する保険です。国民健康保険の手続き
あらかじめ加入しておけば、病気や怪我で治療してもらう際に、医療費の補助が受けられます。

いざという時のためにも、切れ目なく加入しておきたいですよね。
受付窓口は各役所となります。

加入者が引越しする時には、保険証を新しい住所に変更しておきましょう(^_^)

<引越し時の手続き方法>

住所変更の手続きは、まず、旧住所の市区町村の役所で、いままで使っていた保険証を返納します。
いわゆる「資格喪失の手続き」ですね。

その際に必要となるのが、保険証と印鑑です。
手続きが終われば、「転出証明書」が交付されますよ。

それを持って、引越しした新しい住所の市区町村に行き、加入手続きを行いましょう。
その際には、印鑑と転出証明書が必要となります( ^ω^ )

<保険料の滞納について>

旧住所において保険料の滞納がある場合は、その場で精算を求められる可能性があります。
全額支払うことができなければ、正直にその旨を告げて、相談してみましょう。

滞納があるからと国民健康保険の住所変更を行わないと、怪我や病気の時に、治療費をを全額自己負担しなければなりません。
単純計算でいつもの支払い額の3倍です(^◇^;)

いくら滞納があっても、役所に相談しながら、手続きを行いたいですね。

また、届出は引越しから14日以内に済ませることとされています。
代理人が手続きを行う場合には「委任状」を用意しましょう。

委任状さえありば、代わりの人が手続きを行うことができます。
万が一、手続きが遅れてしまったときには、国民健康保険の保険料をさかのぼって支払うことになりますので、上手に活用しましょう(^-^)/


Twitter Comment