1. ホーム
  2. 引越し費用や節約法
  3. ≫転勤による引越し

転勤による引越し

<急な転勤>

転勤の辞令。転勤による引越し
それがたとえ急なことでも、従わなければならないのが、会社員の辛いところですね。

転勤前には、しなければならないことがたくさんあります。
特に、引越しをともなう場合にはなおさらですね。

また、自分ひとりではなく、配偶者や子供がいる場合には、作業も手続きも大変です。
すべての作業を一度にこなそうとすれば、パニックに陥ってしまう危険性も。

だからこそ、焦って色々と手をつけるのではなく、毎日少しずつ作業をすることが大切です。
リストアップしつつ、一つずつこなしていきましょう。

家族で手分けすれば、時間の短縮にもなります(^^)v

<住む場所と各種お手続き>

まずやるべきことは、転勤先の住まいを確保することです。
社宅や寮、会社の借り上げマンションがあるかどうかを確認しましょう。

また、引越しにかかる費用を、会社がどの程度負担してくれるかも知っておきたいですね。
住む場所が用意されている場合には、早めに間取り図を手に入れるようにしましょう。

引越し作業以外では、各種事務手続きも必要です(・∀・)
役所での転居届け、新聞やインターネットブロバイダの乗り換え、大家さんや住宅管理事務所への届け、水道・ガス・電気の住所変更届け、さらには各種金融機関への住所変更も忘れないようにしましょう。

自動車を所有している場合は、車の運送についても考えなければなりません。
近場であれば自ら運転していくこともできますが、遠方の場合は、陸送を依頼するという方法も検討すべきですね。

さらに、お子さんがいる方は転校手続きが必要です。
習い事等に通っている場合は、引越しする旨を伝えておきましょう(^O^)/

<荷造りも忘れずに>

もちろん、荷物の整理と、引越し業者の選定も重要です。
とくに転勤の場合には、時間が限られていることも多いもの。

また、引越しシーズンと重なってしまえば、予約すらもなかなか取れないということにもなり兼ねません。
あらかじめ予定を確認し、計画的に引越しするようにしましょう(*^^*)


Twitter Comment