1. ホーム
  2. 引越しについて
  3. ≫引越し業者の損傷保証

引越し業者の損傷保証

<大切な家財を運ぶ>

引越しは、各種作業や手続きなどをともないますので、なにかと大変ですよね。引越し業者の損傷保証
準備はともかくとしても、せめて引越し当日だけは、業者を頼んで楽をしたいものです。

プロの引越し業者は、細心の注意を払って荷物の搬出・搬入を行っています。
建具や廊下に傷をつけないように、緩衝材をあらかじめ張り付けたり、大きな家具には毛布を巻いたりもします。

万が一ぶつけてしまっても、傷がつかないように配慮しているのですね(^^♪

<もしキズがついてしまったら……>

しかし、それだけ注意していても、壁や家具にキズがついてしまうことはあります。
プロであってもやはり人間ですから、そういったケースがゼロではないのです。

そういった場合、引越し業者の「損傷保証」はどのようになっているのでしょうか。
実は、契約書の中には、損傷補償についても明記してあります。事前に、確認しておくと良いでしょう。

もちろん、損傷の現場を目撃した場合には、損傷補償の話し合いをすることも可能です。
その場でお互いに確認できるので、速やかに内容を詰めておくことができますよ。

<備えあれば憂いあり>

しかし、場合によっては引越し後に発見される傷もありますよね。
そのような時には、引越し後3ヶ月以内であれば、補償の対象になります。

ですので、引越し後は、早めに荷物のチェックをするといいでしょう。
期限を過ぎてしまうと、補償対象とならないこともありますよ(-_-;)

大きなもの、壊れやすいものはすぐにチェックすることをお勧めします。
ただし、中にはこうした損傷補償制度を悪用し、お金を騙し取ろうとする人もいるようです。

引越し業者もそういった事情を把握していますので、後から申し出があった損傷については、慎重に対応しています。

だからこそ、元々あるキズや補償については、細かい点も含めて事前に話し合っておくことが大切なのですね。

また、業者さん立ち会いのもと、引越し前に写真を撮っておけば、たしかな証拠となりますよ。


Twitter Comment