1. ホーム
  2. 引越しについて
  3. ≫引越しで旧居・新居の掃除

引越しで旧居・新居の掃除

<引越しで必須の「お掃除」>

引越しをする際には、旧住まいと新住まい、双方の掃除が必要です。旧居・新居の掃除

旧住まいに関しては、荷物の搬出がすべて済んだ後も、掃除道具は出しておきましょう。
荷物がすべてなくなったら、ほうきを使って履いたり、雑巾でキッチンや壁等も拭いておきます。

引越し当日にやらなくても、トイレ掃除等、前もってできる掃除はやっておいた方が良いですね(*^_^*)

 

<旧住まいの清掃>

旧住まいが賃貸の場合には、とくに念入りに掃除をしておくことをおすすめします。
なぜなら、家の家具をすべて運び出した後、管理会社や大家さんが現状を確認するからですね。
その時の査定によって、敷金がいくら帰ってくるかが決まるのです!

もちろん、査定額は会社の基準に則って計算されます。
しかし、査定する方も人間ですので、きれいに掃除をしたという形跡があれば、高額な査定をしないものなのです。

<新居の掃除>

また、新しい住まいには、荷物を搬入する前に、掃除をすべて済ませておくことが大切です。
掃除道具をもってゆき、トイレ、押入れ、キッチン、廊下、ガラス、棚等をすっかりキレイにして、当日は荷物を運ぶだけにしておきましょう。

お風呂は、引越し作業後にすぐ入るかと思いますので、使えるようにしておきたいですね。
たとえハウスクリーニング後の新築でも、やはり埃や汚れは溜まっています。

きれいに見えても汚れていることがありますので、注意しましょう。

<掃除道具はそれぞれに>

このような清掃作業は、引越し当日にはほとんどできません。
また、掃除を済ませておかないと、荷物搬入がスムーズに行えませんよね。

ですから掃除道具は、新居と旧居それぞれに一式ずつ置いておくようにしましょう。

引越しは手際が大切です。
前もってできることは、早めに終えておきたいですね(^-^)


Twitter Comment